埼玉県にて

今日はFBEの練習@さいたま市の某中学校でした。で、その前のイベントとして、「中学生のみなさんと一緒に練習する」というのがありました。プロでもなんでもありませんし、人様に何かを教えられるほどの技術などありませんが、まあスライドの持ち方とかそういうのだったら指摘してあげられるかな…と昨日の夜いろいろ考え、ホームセンターで紐を買っていきました。中学生くらいだと、まだ第7ポジションまでスライドが届かなかったりするのです。

時間は2時間ありましたが、いろいろやっていたら全然足りませんでした。人に教えるのは結果的に自分のためになる、とはよく言ったものです。喋ってるそばから脳裏に浮かぶ自分自身の反省点。ちなみに、中学生の皆さんはシュペールのトリオをやっていました。大変そう。自分が中学生だったら絶対吹けないですよ、これ。1番パートも吹いてみましたが、かなりきついんですね。

午後からはNABEOの練習でした。この期に及んで全然人が揃わないというのは、まあ諦めている部分もあるのですが、もうちょっと何とかならなかったのかなと思う次第です。やっぱり出席率の問題が私のFBE関連業務へのやる気をえらく削いでいることは間違いない。曲をさらう気はありますが、雑務をこなそうとすると打ちひしがれてしまいます。なんか定期演奏会から自分の精神状態があまり変わっていない…

心配していた「序曲」のほうは、何とかなりそうです。本当はもっと全員揃った練習をたくさんやって意見のすりあわせをしなきゃいけないんでしょうけど。煮え切らないまま終わるのが一番嫌です。現在の状況をどうやって改善していくか、長期的視点が必要と思われますが、どうしてもせっかちな私は短期的解決を求めてしまいます(それで、結果が得られないとすぐにやる気を失う)。

明日もさいたま市に行ってきます。3日連続、朝・昼と練習です。体力的にはきついですが、ちゃんと寝ればおそらく大丈夫でしょう。
by mako_verdad | 2007-09-22 21:50 | 演奏活動 | Comments(0)

1979年生まれ。某国立大学オケへの入団を機にバストロンボーンを始めました。現在はアマチュアオーケストラ「ザ・シンフォニカ」やいくつかのブラスアンサンブル団体で活動しています。2017年に子供が生まれたので徐々に活動縮小予定です。