代吹き全乗り1/2

今日は昼からここのオケの代吹きに行ってきました。ニールセンの5番、中国の不思議な役人、ラ・ヴァルスという鼻血が出そうなプログラムで、私も準備1週間強でちゃんと吹けるのか甚だ疑問でしたが、やはりちゃんとは吹けませんでした。とりあえず、音外しすぎました。きっと、まだちゃんとイメージができていないのでしょう。

ニールセンはかなり上手いオケでも難しいんだなと思いました。反面、バルトークは思ったよりもやりやすそうでした。難曲であることには変わりないのですが。ニールセンのあのフレーズの長さは異常なほどです(聞いている分にはそこが大好きなのですが、吹いていると酸欠起こしそうです)。

そんなこんなで飲み会まで参加させていただき、いろいろな話題で盛り上がりました。どうもごちそうさまでした。

来週も行きますが、もう少しさらってまともに吹けるようにしたいです。さらえる時間は…土曜の夜でしょうか。
Commented by solti at 2007-07-23 00:31 x
ほんと、今日は長時間ありがとうございました。見事な演奏でした。しかし、ブラバンネタに、あそこまでついて行くとは…。おそれいりました。
Commented by Y堕 at 2007-07-24 20:45 x
soltiさん、次回もよろしくお願いします。もう少しさらいますので。

ブラバンネタは…まあ、田舎には娯楽が少なかったということで。中高時代は小遣いを全て吹奏楽関連につぎ込んでいました(だいたい1か月分の小遣いがCD1枚ぶんだったので買うときはいつも1時間くらい悩んでいました)。
by mako_verdad | 2007-07-22 23:37 | 演奏活動 | Comments(2)

1979年生まれ。某国立大学オケへの入団を機にバストロンボーンを始めました。現在はアマチュアオーケストラ「ザ・シンフォニカ」やいくつかのブラスアンサンブル団体で活動しています。2017年に子供が生まれたので徐々に活動縮小予定です。