人気ブログランキング |

細気管支炎

息子が先週末から具合悪くしていたが、昨晩病院に行ったら細気管支炎とのこと。大事をとって今日は午前半休で息子の面倒を見た(妻はテレワーク)。具合悪い癖にテンションが高いが、やはり疲れやすいのか夜はすぐに寝る。昨晩は風呂に入って夕飯を食べさせたら10分くらいでいびきが聞こえてきた。

熱も下がってきたのでもう大丈夫だろう。それにしてもいろんな病気をもらってくるものだ。私も35年くらい前の幼児期に水疱瘡とかおたふく風邪が辛かったという記憶がかすかに残っている。

シンフォニカの次回のプログラムがプロコフィエフ5番、プーランクの「モデルは動物たち」、ラヴェルの「道化師の朝の歌」に決まった。実は決まったのはだいぶ前だが一昨日初公開となった。プロコフィエフとラヴェルは私は初めて。

ラヴェルはその昔金管アンサンブルでやったことがある。オケより機動力・人数で不利な金管アンサンブルだったので、それはもうとてつもなく難しかったという記憶しかない。オケのトロンボーンのパート譜を見ると実質1ページくらいなので随分と楽な感じがする。

プロコフィエフは兼ねてからやってみたいと思っていたので楽しみである。彼のトロンボーンの使い方は結構独特な感じがして、1番パートや2番パートにも容赦なく低い音を吹かせる(ペダルトーンが3番でなく2番に出てきたりする)。シンフォニカのテナートロンボーンは皆さん上手なので難なくこなすんだろうけど。

そしてプーランクは13年前にチューバのKさんと違うオケで一緒に吹いた曲。またKさんと一緒にこの曲が吹けるのが嬉しい。あの頃よりは私も少し上達したつもりでいる。

by mako_verdad | 2019-07-17 21:23 | Comments(0)

1979年生まれ。某国立大学オケへの入団を機にバストロンボーンを始めました。現在はアマチュアオーケストラ「ザ・シンフォニカ」やいくつかのブラスアンサンブル団体で活動しています。2017年に子供が生まれたので徐々に活動縮小予定です。


by makorim
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る